子宮体がんだって

2018年2月子宮体がん1cとわかったばかりの私、検査や手術、かかった費用の事など寛解と言ってもらえる日まで書いていきます。

ちょうど去年2017年の今頃不正出血があったのでした

冬とは思えない陽気でした。

あまり記事も書いていないのにたくさんの方に見ていただいてありがたく思っています。今現在、体がんと診断され不安に思っていらっしゃる方に少しでも役に立てればと思っています。

ちょうど去年の今頃、小量でしたが不正出血が続き、もともとポリープがあると言われていたので、その影響かと軽い気持ちで病院に行ったのでした。

検査の結果がんとわかったのは年が明けてからでしたが、その頃の事を思い出すたびに、早く検査を受けて良かったなあとしみじみ思います。早期発見のおかげで、手術も腹腔鏡下ででき、リンパ郭清もせずに済み、抗がん治療もせずに済み、今では前と少しも変わらない生活ができています。本当にありがたい事です。

さて、今日は検診でした。

どうですか?と様子を聞かれ、特に変わりはありませんと答え、内診とスキャンのあと、大丈夫ですよと安心を貰って帰ります。そして4月(術後一年)のCT検査と細胞診の予約をとりました。そしてその後で先生から「あなたは家も遠いし、再発のおそれもほとんどないし、CT検査の結果何もなければ自宅近所の病院に移って今後の検診はそちらで受けますか?と言われました。一瞬、大学病院から離れる不安がよぎりましたが、再発のおそれがほとんど無いと言われたので、近くの病院に移れるならそれはそれで良い事だと納得しました。

高さ4メートルほどの大きなクリスマスツリーが美しく飾られていました。大きくて立派でした。

心無い言葉 

先日、趣味の会の集まりで友人たちに会い楽しく過ごしていたのですが、その中の一人から信じられない言葉を言われました。

しばらく来なかったね、どうしてたの?と聞く友人に(友人と書くのも忌々しい!)がんの手術してね、と答えると

「ふーん、あなた、がんになりそうな性格してるわ」と返ってきたのです。ちょっと待って、がんになる性格って!何それ?と頭の中が混乱して言い返すこともできませんでした。

たしかに、その場で言い返せず、何日もへこんでいるこの性格の事を言ったのかもしれませんが、それにしても・・

ここに書いたことで気持ちを切り替えてさっぱりしたいと思います。

それはそれとして、まぁ、元気に普通に暮らしています。血流の良くなる薬を飲んでから冷え性がだいぶ楽になりました。

 

体がん手術から半年   友人の死

手術から半年が無事に過ぎました。

先日なんの病気の兆候も無かった友人が風邪がもとの肺炎であっという間に亡くなってしまいました。頑健な方でしたので驚きましたが、普段健康すぎるくらい健康で体力もあったので自分に対しての過信があったのでは?と感じています。いくら元気でも若い頃とは違っているはずですのに、その事を認めたくない気持ちもあって手当てが遅れたのではないでしょうか?

私自身の体調は術後日にちが重なるごとに元に戻っている気持ちがします。以前はほぼ毎日だったお腹の中の違和感もほんのたまに感じるだけになり生活も普通に戻りました。

前回書いた血流の良くなる薬を飲んでから足の冷えが段違いに良くなりました。私は血圧が低いせいか冷え性で顔色も悪く特に口の周り、こめかみが青白くてそのくせ他の部分は赤黒くくすんでいるのが自分でとてもイヤなので顔の血流も良くなって若い頃のような透明感のある肌に戻りたいなあと、薄い期待を抱いているのあります。

 

リウマチ検査結果

リウマチ検査の結果はマイナスでほっと安心しました。血流を良くするお薬をいただきました。冷える感じが少しましになっていますが指の痛みなどまでは治っているようではないです。気長に続けて飲んでみます。

冷えか?リウマチか?

夏中ずっとクーラーをつけっぱなしで、しかもあまり運動もしない生活を続けていたせいか、冷えて冷えて足首が回らない状態になってしまったので、ここ2週間ほど使い捨てカイロを足首やお腹にあてています。寝る時も布団の中に入れています。私は犬と一緒に寝ているのですが、朝起きると使い捨てカイロの上に犬が腰を乗せたりしています。犬も冷えているのでしょうかしらね・・。

それから、ふっと「リウマチかも?」と思ったので検査をしてもらいました。結果は来週です。

言わなければわからない

主人の乗っている車が走行距離6万キロになったので7月から買い替えを検討していました。条件は私が運転できるSUV。という事で色々ディーラーを見て歩きましたが、大きすぎたり安っぽかったりなにかピンと来るものがありませんでした。車の選択で話し合いをしていく中で主人が「人生でいっぺんくらいポルシェに乗りたかった・・」とポツリ。

それならポルシェにしましょう♪という事でとんとんと話が決まり中古ですが素敵なポルシェのオープンタイプの車にめぐり合い、試乗もせずに決め、今納車を待っているところです。家族でもどんな希望を持っているか聞かなければわからないものですね。主人の希望がかなえられて本当に良かったと喜んでいます。

膀胱炎になってしまいました

前回生理痛のような鈍痛があると書きました。手術の影響もあるでしょうと主治医に言われたのですが、痛みはどんどんきつくなってきていたのです。困ったなあとは思っていたのですがその後膀胱炎を起こし、薬を飲み、腹巻、使い捨てカイロ、お風呂で温めるなど今までの経験をフルに動員してなんとか治りました。膀胱炎が治る頃には生理痛のような痛みも軽くなってきていたので、その時に、生理痛のような痛みは血液の循環が悪くなっているからなのではないかと思ったのです。

生理痛と同時に足首が硬く痛くなり、朝など特にひどくて階段を下りるのに苦労するくらいでした。これも温めることで少しずつ良くなっています。

元々冷え性ではあるのですが、これからはより一層冷えないように気をつけていこうと思った事でした。

足首の痛みは、ちょうど更年期と同じ時期に始まっているので何か女性ホルモンと関係があるのかもしれません。

とにかく冷えはあかんのやなあと深く思ったので、書いてみました。皆様もどうぞ気をつけてお過ごしくださいませ。