子宮体がんだって

2018年2月子宮体がん1cとわかったばかりの私、検査や手術、かかった費用の事など寛解と言ってもらえる日まで書いていきます。

手術から4ヶ月 2回目の検診

2回目の検診に行ってきました。

問診、今後の予定、内診・・です。

私からの質問。時々生理痛のような重い鈍い痛みがあります。

先生の答え

手術の影響だと思います、ひどくならないなら心配はいりません。

とのことでした。

その他、当日は膣の細胞をとり検査に回しました。結果は後日ですが何かあったら連絡しますから、家が遠いから大変でしょうと気をつかっていただきました。

今後も4ヶ月に一度くらい検診を受けるので次は12月、4月にCT検査の流れでいきましょう。

内診では触診、エコー、細胞をとってそれでおしまい。

6月末に糸が抜けてからは体調も良くなり、今では犬の散歩もゴルフも再開して普通の生活に完全に戻りました。

少しトラブルはありましたが、内視鏡手術だったからこそと思います。

今日を乗り切りましょう。

地震、大雨、台風、猛暑・・

ご無事でお暮らしでしょうか?体調の悪い中、そんな事言ってられない!と無理を重ねていらっしゃる方もおいででしょうね。

夏ももう3分の1は終わったはず。なんとか一日、一日を乗り切りましょう。

下腹部の鈍痛

子宮体がん手術から3ヶ月がたちました。

すぐ風邪症状が出たり、ちょっとした傷が化膿したりと

身体はまだまだ万全ではないようです。

お腹に力を入れたあと、痛みという程ではないけれど下腹部に鈍痛があります。生理痛のような感じです。なぜでしょう?8月の初旬に検診があるので質問をしてみます。

筋力の衰えを実感

手術後、おしもの傷の化膿する前のうずうず感や喉の痛みが続いた事で、大事にしすぎるくらい身体をいたわって暮らして来ましたが、(抜き忘れられていた糸の)抜糸以来、少しずつ体調も良くなってきたのでゴルフ、ピアノ練習、ストレッチと身体を動かし始めています。昨日は犬の散歩後、1キロほどウォーキングもプラスしてみましたが、今朝はやっぱり疲れていました。仕方ないですね、2ヵ月半ほとんど動かない暮らしをしていたのですもの。しんどいけど、頑張って動かないともうすぐそこに寝たきりが待ってますからね、私の年齢だと。とはいえ、後戻りも怖いし、びくびくしながらの毎日です。

後悔がちょっとでも少ないように毎日機嫌よく明るく暮らしたいと思います。

ゴルフに行ってきました・・・術後2ヶ月半とちょっと

しつこく言いますが抜き忘れられていた糸を抜いてから体調は少しずつ良くなり、ゴルフの練習も20球くらいずつアプローチだけを練習していましたが、お腹の中の違和感もなくなってきたので、思い切ってフルショットをしてみましたら痛みもなくいけそうな気がしてきました。

でさっそく家族と早朝ハーフで行ってきました。結果は、もともと下手だったので上手にはなるわけないけど、術前と変わらないスコアで回れたのが、とても嬉しかったです。

ピアノの練習も最初はペダルを踏むと腹筋が痛かったですが、それも改善されてきました。

前と変わらない生活に戻れると実感して嬉しさを噛み締めていますが、やっぱり前とは気持ちが違います。人生に限りがあることを思い知らされたというか、うまく言えないけれど後悔はしないようにしなくちゃと思います。2017年暮れの不正出血の検査からあっと言う間にもう7月になりました。時のたつのは早いです。

 

手術後2ヶ月

手術後2ヶ月たちました。正直なところまだ体調はすぐれません。手術後の処置について色々不満はあるけれど、過ぎたことは仕方ない、これから体力を元に戻していこうという感じです。抗がん剤などの処置をしなくて済んでいるだけでもありがたいと思わなくては。